木工ミシンてづか

木工ミシンてづか 紹介

氏名
手塚 嗣生 (てづか つぐお)
糸鋸職人

経歴
昭和14年  池袋で生まれる。
昭和20年  疎開先の栃木で終戦を迎える。
 その後、志村、浅草と転居。
昭和29年  竹ノ塚(現在地)に転居。

昭和30年  工芸品制作現場にて修行開始。(主に洋彫り)
昭和40年  独立。
 独立後、糸鋸の仕事が増えはじめる。(仏壇、欄間など)
昭和55年頃 切り文字の仕事を請け始める。

昭和30年以降、制作一筋でやってまいりました。